イラスト

シナリオは、複数のユーザーが参加した結果を描写される小説形式のコンテンツです。
「ヒロイックソングス!」の世界で起こった事件やイベントに関わることができます。

特番を狙え!『アイドルドリブン!』

リアクション公開中!
特番を狙え!『アイドルドリブン!』

リアクション

コスメシリーズ「ARATAMA」CM制作現場より 2

 さらに、アクション系のCM撮影が始まった。

「春人、とっても美しい! これは素晴らしいよ!」
 メイクセットを使い、ARATAMAによる和風の化粧を施し、フィア・シルフォーネが絶賛する。
「そうかな?」
 春人が照れたように言う。
 今回は、春人がヒロインとしてキャストされている。
「ところで、なんでボク、女装が多いのかな……」

 フィアの提案で、基本セリフを使わず、効果音やBGMのみ、
 人物はセリフのない演技のみという内容である。
「難易度は高くなると思うけど、雰囲気が大事だから! みんな、がんばって!」
 撮影担当のフィアに送り出され、春人がカメラの前に立つ。


 必死の表情で逃げていく和服姿の春人。
 その後ろから追いかけていくのは……。

 麻雀お化けの天地 和であった!
 麻雀牌の着ぐるみのような姿である。
 しかし、春人の様子がどうもおかしい。
(あれ、打ち合わせと違う?)

 気づけば、周囲を、再び落ち武者に囲まれている。

「ヨメ……オレノヨメ……」

 そこに、助っ人として登場する、「ARATAMAの化身で力を授けにきた炎の精」の役、羽倉 なつみは、異変に気づく。
(はて? エキストラの方でしょうか。それにしても、こんなに大勢……?)

「なつみ! その落ち武者は全部本物よ! 急いで春人を守るよう戦って!
 あ、カメラ回したままで撮影するから!」
 フィアが叫ぶ。
 音声は後でかぶせるので、セリフは後で編集すればOKである。

「魔物でしたか! 春人さん! 私の後ろに隠れてください!」
 なつみは、「紅蓮」と「紅炎」を手に、極火二刀による、燃え盛る刀の一撃で、落ち武者を倒す。

「あれ、わたしの出番が……」
 和は、落ち武者に春人を襲う役を取られて呆然としている。

 紅葉の目付で、剣筋を悟られぬよう、気をつけつつ、なつみが落ち武者を斬り捨てていく。

「た、助かった……」
 ほっとしてへたり込む春人と、安心するなつみだが。
 麻雀牌のお化け姿の和が、ぬっと登場する。
「わー、豆腐お化け!?」
「豆腐じゃないよ、麻雀だよ! がおー!!」

 和が、本来の段取り通り、春人に襲いかかる。
 春人となつみは吹き飛ばされる……が。
 光とともに、なつみの袖元から、何かが飛び出した!

 地面に倒れた春人は、飛び出したもの……ARATAMAを見る!
 なつみは、意を決した様子で、ARATAMAを指さし、春人はそれを拾う。

 春人は、麻雀お化けの和に向かって、ARATAMAを突き出す。

「ぐわー!」
 のけぞる和が、光に包まれるが。

 次の瞬間には、ARATAMAで化粧を施し、あでやかな振袖の姿となった和がいた。
 妖の色目で、流し目を送りつつ、飛炎が和の背後に舞う。

 そして、麻雀牌を揃え、包容力のある笑みを浮かべる和。
「美しさが開花する。」
 春人の声が響く。
 
 これは、実は、和の嶺上開花(リンシャンカイホウ)という、麻雀の役と、コピーをかけているのである。

『ポール・ミナモト』と『ARATAMA』のロゴが表示される。


「見たことないわ! これほど、麻雀に愛情を注いでいるCMはそうないんじゃないかしら!」
 ポールが、賛辞を贈る。
「個性的であること、それは、何よりも大事なことよ!」

「ハプニングもあってあせったけど、よかったね!」
「そうですね。春人さんも無事でなによりでした」
「ねえねえ、せっかく4人いるんだから麻雀しようよ!」
 フィアとなつみが笑顔で言い、和が提案する。
「うん、落ち武者から助けてもらったし、ちょっとだけなら」
 春人と和とフィアとなつみが、
 4人で麻雀する映像が流れているうちに、スタジオでは新たな撮影の準備が始まっていた。
ページの先頭に戻る