イラスト

シナリオは、複数のユーザーが参加した結果を描写される小説形式のコンテンツです。
「ヒロイックソングス!」の世界で起こった事件やイベントに関わることができます。

異世界ファッションショー!

リアクション公開中!
異世界ファッションショー!

リアクション

ビーストラリア


 時が遡ること、リハーサル日。

(んー……)

 深郷 由希菜は頭を抱えていた。

(もっと上手くビーストラリアの世界を表現できないかな……)

 由希菜はステージ周辺をきょろきょろと見る。

(ねむねむお姉さんはリハーサル真っ最中だし、夢さんは打ち合わせ中、ろくさんはあくまきと演出の練習をしてる)

「はあ……」

「どうした?」

 彼女のため息に達樹が反応する。
 突然の声かけに、由希菜はわずかに体を強ばらせながら声がした方に向いた。

「何か心配なことがあれば、話を聞こう」

「実は――」

 由希菜は自分の演出について達樹に相談する。

「ってことで悩んでるんだけど、黒柳さんはどう思う?」

「そうだな……」

 達樹はリハーサルの様子を眺める淳と空を見る。

「あの2人を交えて話をしたほうが良さそうだ。リハーサルが終わったら声をかけよう」


 そしてリハーサル終了後。

「話はわかった。問題はどういう演出をするか、だよね」

「だったら、我輩の美しきひととせのクリエイションを使うのはどうだ?」

「え、いいの? 他の子が使いたいってお願いしてきてない?」

「クリエイションを使いたいという要望はなかったから、問題ない」

「それならお願い!」

「そうと決まれば演出を再構成して、リハーサルまでやってみようか。
 けっこうタイトなスケジュールになっちゃうけど大丈夫?」

「大丈夫!」

 由希菜が元気よく答えた後、空と達樹も頷く。

「よかった。じゃあ、ビーストラリア編成功に向けて!」

 淳が中央に向けて手を伸ばす。
 そのあとに由希菜、空、達樹が手を重ねた。

「頑張って行こう!」

『おー!』
ページの先頭に戻る