イラスト

シナリオは、複数のユーザーが参加した結果を描写される小説形式のコンテンツです。
「ヒロイックソングス!」の世界で起こった事件やイベントに関わることができます。

異世界ファッションショー!

リアクション公開中!
異世界ファッションショー!

リアクション

セブンスフォール


 会場であるイクスピナ大ステージは、黒いテントのようなものに覆われていた。
 丸い天井がプラネタリウムを彷彿させる。
 ランウェイは側面についたスポットライトで照らされていた。
 観客たちは用意されたパイプ椅子に座り、開始を待つ。
 その様子を淳は舞台袖から覗く。

「空、準備はいい?」

「問題ない」

 空の返事を聞いた淳は、達樹に視線を向ける。
 達樹は淳と目を合わせながら、頷きで合図を送る。
 彼の隣には弥久 風花がスタンバイしていた。
 達樹の方も準備万端だと知った淳は【ディスコフライヤー】を飛ばす。
 ディスコフライヤーが定位置についたところで、ステージにあるスクリーンが「異世界冬コレクション」の文字を映す。
 数秒ほどしたあと、「セブンスフォール」に切り替わる。
 その瞬間、空は真っ暗だった会場を雪積もる平原に山脈、雲1つない青空に変え、淳がそれに合わせたBGMを流す。
 雄大なセブンスフォールをイメージした音楽が流れ始め、風花はステージへと一歩踏み出す。
 彼女の衣装は【セクシーデンジャラス】をベースに、頭には【クラウス作・エルシュオン用の猫耳(金)】
 腰の後ろに【フェニックスフェザー】、その前には【デミ・ドラグリオン】を2本装備していた。
 風花は長剣2本を優雅に揺らして、【ロイヤルエスコート】で堂々と歩く。
 歩いている最中、ライトに当たったフェニックスフェザーがきらりと光る。
 ランウェイ先端に立った風花は深呼吸し、2本のデミ・ドラグリオンを鮮やかに鞘から抜くと
 【スぺクタル・バトルショウ】で迫真の殺陣を披露する。
 巨大ドラゴンとの戦闘という設定の剣さばきは、観客たちを釘付けにする。
 風花はランウェイから落ちないよう、注意しながら後ろに下がったり、前に出たりする。
 
 一筋の汗が頬を伝い、それを爽やかに拭いながら最後に【グッドスマイル】を決める。
 デミ・ドラグリオンを静かに収めた後、風花はポニーテールを揺らしながら観客たちに背を向けたのだった。


◆ ◆ ◆



 観客席から風花の姿が見えなくなったと同時に、背景が古城に変わる。
 空が世界観を整い終えると、灰色の景色に氷の結晶が静かに降り始めた。
 静寂な空間の中、甲冑を鳴らしながら水鏡 彰が登場する。
 金縁の白いサーコートをまとった彼の顔は、ヘルムのバイザーで隠れている。
 騎士である彼の後ろには、緊張した面持ちのルティア・オルコットが夜空を思わせる深い青のドレスに身を包み
 その上からドレスと同じ色のケープを羽織って立っていた。
 彰は力強く一歩ずつ地面を感じるような歩き方で、ルティアは彼についていく形で一国のプリンセスのように
 足音を立てず優雅に歩く。

 ランウェイ先端で2人並ぶと、ルティアがドレスの裾をつまんで観客に一礼する。
 一礼後、ルティアが彰の方に体を向けると、彰は片膝をついた。
 ルティアが彼のヘルムのバイザーをそっと上げると、水色の瞳が優しく微笑み、彼女の手を取る。
 両手でルティアの手を包むと、彰は彼女への愛を歌う。

 この声が君に届くのなら この歌が君に届くのなら
 我が刃と命は 君を守る為にある
 愛おしき人よ 守るべき人よ
 我が全ては 君と共にあるために……

 彰は歌い終えると、ルティアの手の甲にキスを落とす。
 キスを落とした後、彰はすっと立ち、彼女の背中と膝裏に腕を通して彼女を抱える。
 ルティアが彰の首の後ろに手を回したタイミングで、彰は【レインボーマイスター】で周囲を少し明るく照らして折り返す。
 寂しかった世界は、優しくもロマンチックなものへと生まれ変わり、観客たちをほっこりさせる。

 戻る最中、2人は観客たちに聞こえないよう、言葉を交わす。

「緊張したな」

「うん……でも彰がいてくれたから……」

 ほんのり赤く頬を染める彼女に、彰は自分のおでこを彼女のおでこにくっつける。
 ルティアは予想しなかった行動に、強く頬を染めながらそれに応えた。
ページの先頭に戻る