イラスト

シナリオは、複数のユーザーが参加した結果を描写される小説形式のコンテンツです。
「ヒロイックソングス!」の世界で起こった事件やイベントに関わることができます。

呪いの歌を止めて

リアクション公開中!
呪いの歌を止めて

リアクション

 むくは、さっきまでの緊張ぶりが嘘のように、楽しそうにステージをかけまわっていた。

「えーとえーと、まずは『パーティトラップ』で、音のなるしかけをようい、んでんでッ」

 リズムをとりながら、打ち合わせ通りの役目をこなしていく。『パーティートラップ』の発動の合図は、あらかじめ示し合わせていた。もう、すぐだった。

「おむねぽかぽかになるといいな。たのしんでね、ことりさん」

 待ちに待ったタイミングがきたので、むくはリズムに合わせて思わずジャンプした。と同時に、あみかが合図を高らかに唱えた。

「ファーブラ!」

 あみかの幼生神獣のファーブラの『神獣光歌』だった。ファーブラとあみかの歌は協調し、光が瞬いた。その光は敵を倒すためのものではなく、曇りを晴らすためのものだった。ステージがまばゆい光に満ち満ちた。


 むくの『パーティートラップ』が派手な音を鳴らした。むくは最高のグッドスマイルで『閃きのユーフォリア(ピクシーウィング)』のまばゆく光る、りんどうのような可憐な羽を、ぱたぱたさせる。

「この世界には、光があり、あなたに会いに来ている人もいる」

 風華が小鳥に向かってうったえかけた。誰ともなく、みなが、プリーストの末裔の娘に視線をうつした。黒い小鳥も娘の存在に気づいたようだった。

絶妙なタイミングで曲が終わり、しんとした沈黙がふってきて、

 ギイイェェエエ!!!

 すさまじい小鳥の悲鳴が響いた。

「どうしちゃったのかな? おうた、きにいらなかったのかな。のろいのうた、うたっちゃうのかな」

 むくが不安げにつぶやいた。

「思い出してしまったみたいです。生々しく、当時のことを。私、このコと契約していたというプリーストさんに、つまりご先祖様に似ているようです」

 末裔の娘が、青い顔をして言った。
 
「あなた、神獣と意思の疎通ができるの?」

 ステージの上から、風華が問いかける。
 
「判りません。こんなことは、初めてで……」

 キギャッ、ギャッ、チチチ、

 黒い小鳥が不思議な鳴き声をあげた。恐ろしい声と、甘える声がまじりあっている。

「ライブを続けてほしいって、言ってます」

 娘がきりっとした顔でステージを見た。あみかと風華は目くばせしあい、こくりとうなずく。
ページの先頭に戻る