イラスト

シナリオは、複数のユーザーが参加した結果を描写される小説形式のコンテンツです。
「ヒロイックソングス!」の世界で起こった事件やイベントに関わることができます。

呪いの歌を止めて

リアクション公開中!
呪いの歌を止めて

リアクション

呪いの歌を止めて(2)


「小夜さんのおかげで、小鳥がライブに集中してくれました」

 ステージから戻ってきた小夜に向け、藍屋 あみかが拍手をする。

「ありがとう。あの小鳥さん、歌もステージも大好きみたい。楽しませてあげてください」

 小夜が感想を耳打ちすると、あみかはこくりとうなずいた。
 
 そしてあみかは、小夜の背中を見送りながら、そっと魔法の言葉を口にした。
 そうやって心を切りかえると、衣装の白リンドウを手に、幼生神獣のファーブラを連れて歩き出した。しかし、情けない声が聞こえてしまい、あみかは思わず立ち止まった。


「うわあああん、はじめてのぶたい、きんちょうする!」

 本番直前というのに藍屋 むくがもだもだと悶えている。

「大丈夫むくちゃん。私もねむねむさんも一緒だから。あの黒い小鳥さんを、楽しませてあげましょう?」

 あみかは優しく小声でむくに伝える。

「あみかおねえちゃんと、ねむねむおねえさんといっしょ! うん! きっと、きっと、うまくいかせるの。 がんばるよ!」

「それでこそむくちゃん。さあ、いきましょう」
ページの先頭に戻る