イラスト

シナリオは、複数のユーザーが参加した結果を描写される小説形式のコンテンツです。
「ヒロイックソングス!」の世界で起こった事件やイベントに関わることができます。

呪いの歌を止めて

リアクション公開中!
呪いの歌を止めて

リアクション

ゴーレム達を止めて(2)


「大丈夫? 泥まみれだよ?」

 ゴーレムの影から心配そうにひょっこりと顔を出してきたのは、明るく小さく元気なアイドル、世良 延寿だ。

 風花の上にいたゴーレムは、今やすっかり再生し終えていた。二体のゴーレムが、敵意むき出しで延寿を見つめる。

「二人とも次は私と話す番! こっちだよ~♪」

 延寿が走り出すと、二体は延寿の思惑通り、あとに続いてきた。

「風花があなたたちを壊さなかったのは、対話がしたかったからだよ? 私たち、ここ(遺跡)を荒らすつもりも、乱暴をする気も、ないんだよ?」

 ズン!

 延珠の話しかけに耳も貸さず、ゴーレムが重く太い腕を思い切り延寿に向けて振り下ろしてきた。しかし身軽なアーティフィサーの延寿には、そう簡単に当たらない。

「私たちはただ、えいっ♪ 神獣さんの、ほいっ♪ 悲しみや絶望を、よっ! 払って、んっ! 払ってあげたくて来たの」

 ゴーレムに話しかけながら、延寿はひょいと跳んだりひらりとかわしたり、果てはくるりと宙返りまでして、その攻撃をかわす。まるで、象のそばをひらひらと舞う、可憐な黄色い蝶のようだった。

「そのために、よっ! と♪ 神獣さんが契約していたプリーストの末裔も、えいっ! ここに来たがってるんだよ?」

 延寿の言葉に、ゴーレムたちがぴたりと動きを止めた。

「プリーストの マツエイ?」

「うん、そう! だから、まずは私たちが、安全確認しに来たの」

 ゴーレムたちがじっと延寿を見つめる。
 
「サッキのムスメも、このムスメも、いいメをしてル」

「ウソのないメ」

「うむ。シンジルか?」

「うむ。シンジよう」

 ゴーレムから、敵意が消えていく。
 
「あのシンジュウ、あおい きれいなとりだった」

「ウタがスキで、プリーストとトモに、いつもウタってた」

「ウタッてた」

「でも アレは くろく なった」

「くろく なった」

「オマエたち、アレをたすけられるか」

 延寿がうなずくと、ゴーレムたちが胸に手をあて、頭を下げた。

「アレは、いつも『南の隠し部屋』にイル」

「ミナミのヒロマの、トリのセキゾウ、トケイマワシに3かい マワス」

「するとあらわれルのガ『南の隠し部屋』

 延寿がぴょん!と飛び跳ねた。

「了解! 何としても、神獣さんを元気にしてあげないとねっ」
ページの先頭に戻る