イラスト

シナリオは、複数のユーザーが参加した結果を描写される小説形式のコンテンツです。
「ヒロイックソングス!」の世界で起こった事件やイベントに関わることができます。

呪いの歌を止めて

リアクション公開中!
呪いの歌を止めて

リアクション

ゴーレム達を止めて(1)


「さて。倒してもすぐに元通りになるというあなたたち。どうやって料理しようかしら」

 茨甲冑に身を包み、紅く熱い紅染刀を手にした風花は、慎重に間合いをとりながら二体のゴーレムと対峙した。ステージに立つために習得した『殺陣』だがその感覚はゴーレムとの間合いを取る際、参考になった。


 一気に全身を破壊してもよかったが、風花はそれをせず、間合いを取りながらゴーレムに話しかける。

「お話、聞かせて?」

 二体は動きも見た目も同じでこれといった個性はなかった。風花は近くに寄って来た左側のゴーレムに集中的に話しかけた。しかしゴーレムは話が分からないのか、単に無視しているのか、淡々と風花に襲い掛かってくる。

「仕方ないわね」

 風花は近くにいたほうのゴーレムを睨み上げた。長いポニーテールを宙に踊らせ俊敏に動き、紅染刀で『足払い』を発動する。手ごたえを感じた風花は、さらなる攻撃『アーマーブレイク』を繰り出した。
 
 ドロドロと音をたててゴーレムの足が崩れ落ちた。

「手足を落とせば、大人しくお話してくれるかしら?」

 動けなくなったゴーレムが、抗議するようにガタガタと体を揺らす。辺りに飛び散っていた泥の塊が、まるで生き物のように震え始める。

「再生したら、また攻撃するまでよ?」

「ダレも、トオさぬ」

「やっぱりしゃべれるんじゃない、なら話を」

 突然ゴーレムが風花に向かって倒れこんできた。

「ふぁっ!」

 間合いが近すぎたためゴーレムを回避することはできなかった。倒れこんできたゴーレムは、衝撃であちこちが崩れ、風花は泥まみれになっていた。

「げほっ! 待って! 話を!」

 ゴーレムの重さに加え『茨甲冑』の棘が邪魔で、うまく動くこともできない。

「ここの神獣になにがあったのか教えて! きっと、いえ絶対に、力になれるから! そっちの人も話を、きゃあっ!」

 ゴーレムの泥におぼれながらも、風花は必死で語りかける。
ページの先頭に戻る