イラスト

シナリオは、複数のユーザーが参加した結果を描写される小説形式のコンテンツです。
「ヒロイックソングス!」の世界で起こった事件やイベントに関わることができます。

真夜中に出没する扉

リアクション公開中!
真夜中に出没する扉

リアクション

「かいちょ、あんな顔で笑うのか。マジでキャワたん!」

 藤原 陽はハヤテとは真逆の方向からシャーロットとその家を見守っていた。シャーロットはこの世界に溺れていたが、陽はハヤテ同様、まだ冷静さを保てていた。

「……ん? でもなんか、かいちょの様子、ガチめにおかしくね?」

 首をかしげた陽の横、ひょっこりと老人が現れた。

「ガチめにヤバめじゃよ」
 
 年期の入ったローブや帽子、ロッドから、老人が魔法使いであることが推測できた。

「アンタ……誰だ?」
「今夜の来訪者は、わしの助けが要らぬツワモノばかりじゃのう」
「はぁ?」

 突然、シャーロットの家から破壊音と悲鳴が聞こえてきた。
 
 がちゃん、がちゃん、どさっ!

「きゃあっ! シャーロット!?」「どうした! シャーロット!」両親が叫んでいる。
 
 魔法使いの老人が、表情を曇らせる。
 
「あの娘は、この世界に溺れすぎておる。このままでは帰れなくなってしまうじゃろう」
「つまりなんだ? 早急に踏み込んで連れて帰んなきゃ的展開?」

 返事はなかった。老人は煙のように消え失せていたのだ。
ページの先頭に戻る