イラスト

シナリオは、複数のユーザーが参加した結果を描写される小説形式のコンテンツです。
「ヒロイックソングス!」の世界で起こった事件やイベントに関わることができます。

真夜中に出没する扉

リアクション公開中!
真夜中に出没する扉

リアクション

■扉の向こうの扉

「こりゃあ、どがないことか?」

 酒池肉林の世界は消え失せ、何もないシンとした空間に、霞と扉だけがたたずんでいる。
 
「最後の一人、ご到着だね」「おかえりなさい」

 見おぼえのある顔ぶれが霞を囲み、歓迎してくれた。

「あの乳の邪魔そうな女、実は出口の扉やった?」
 いまいち事情が呑み込めない霞が、心を整理するようにつぶやいた。 

「どんなことしてきたの? 貴重な体験だった?」
 何かを思い出しているらしい柚姫が、少しうっとりしながらつぶいた。

「みんなきっと、大変だったよね。でもこの帰りの扉をみつけて戻って来たんだね」
 シャホールが、少し切なそうにつぶやいた。

「本当、すごい扉だったね。えっと、どのへんがすごいかっていうと」
 袖の鈴をりんりん鳴らして、シャーロットが少しもじもじする。

「シャロはん、いちいち言わんでええねん」
 ハヤテが苦笑いしてシャーロットの髪をなでた。

「そーだ。な? かいちょ、帰っぞ」
 陽も、泣き出しそうなシャーロットにハグをする。

「帰りの扉は……それ、ってこと?」
 思いを胸にしまいつつ、水希が、目の前の大きな扉を見据えた。
ページの先頭に戻る