イラスト

シナリオは、複数のユーザーが参加した結果を描写される小説形式のコンテンツです。
「ヒロイックソングス!」の世界で起こった事件やイベントに関わることができます。

夏祭り、納涼のど自慢大会!

リアクション公開中!
夏祭り、納涼のど自慢大会!

リアクション

『えーと、気を取り直して、エントリーNo.9! 日向 千尋さんの登場です! 曲は【クマバチ】』

 歌のイメージに近づけるべく、千尋は【ハチの着ぐるみ】を着て登場する。曲が流れ始めると、千尋は【拡声器】を使い観客に向かって【ディアマイフレンド】で呼びかける。

『知ってたら、一緒に歌って、手拍子してほしいデス!』

 困惑した空気を変えるため、【ファストアクト】でクマバチのマネをしながら、跳んだり、まわったりして楽しく歌う。

『黄色い胸は勇気の証』

 千尋の盛り上げようとする気持ちが伝わったのか、観客たちは手拍子を始める。

『信じているから飛べるのさ』

 曲は続き、一番大事なキメの歌詞がやってくる。

『僕らはきっと、勇気があるから飛べるのさっ!』

 【エモーショナルプレイ】でかっこよく決め、千尋のステージは終わった。最後に千尋はお辞儀してお礼を口にする。

『ありがとうございました!』

『ではコメントをお願いします!』

 光凛の進行にマイクをとったのは会長である。

『困惑した空気の中、よくぞ歌い切ったとほめたいところだね。観客のみんなも楽しそうに手拍子してたから、もしかしたらあんたが楽しそうに歌ってたのが伝わったのかもしれない。アイドルというのはこういう状況を変える人のことをいうかもしれないね』

『会長、素敵なコメントありがとうございました! 千尋さんもありがとうございました!』

『ありがとうございました!』

 千尋は再びお礼を言ってステージを降りる。控室では練習しながら順番を待つグランスタ生たちの姿があった。
ページの先頭に戻る