イラスト

シナリオは、複数のユーザーが参加した結果を描写される小説形式のコンテンツです。
「ヒロイックソングス!」の世界で起こった事件やイベントに関わることができます。

夏祭り、納涼のど自慢大会!

リアクション公開中!
夏祭り、納涼のど自慢大会!

リアクション

『エントリーNo.8! 宮古翡翠さんの登場です! 曲は【ふゆ景色】』

 澄んだメロディーが流れ、翡翠は歌うため息を吸う。

『霧消える 港の船 見えるは白き 霜』

 お年寄りの観客たちは懐かしい唱歌に耳を傾けながら聞いていた。
 唱歌は短いため、翡翠のステージが終わり、コメントの時間となる。しかし、歌い終わった翡翠はコメントより早くカラオケに行きたいという気持ちが強かった。その気持ちが大胆な行動となって現れることになる。

『では、私がコメントします。私はこの唱歌を聞いたことがなかったのですが、聞いていてとても勉強になりました。歌も安定感があって聞き心地がよかったです』

 彩がコメントを述べ、光凛が退場を促そうとマイクを手に取ろうとする。そのとき翡翠はマイクで自分の気持ちを話し始めた。

『皆さん聞いてくださってありがとうございました。ですが……私は優勝とかに興味がありません……。西宮さん、泉さん、私はこれで……』

 マイクをステージに置き、翡翠は会場にいる人たちの戸惑いの声を無視して駆け出す。早くオタク系のマイナーな曲が歌いたい。はやる気持ちを解放させ、翡翠はカラオケ店へと一直線に向かった。
ページの先頭に戻る