イラスト

シナリオは、複数のユーザーが参加した結果を描写される小説形式のコンテンツです。
「ヒロイックソングス!」の世界で起こった事件やイベントに関わることができます。

夏祭り、納涼のど自慢大会!

リアクション公開中!
夏祭り、納涼のど自慢大会!

リアクション

 その頃、天地 和はステージ上にて【おどるパンパカパン】を披露しようとしていたところだった。曲が流れると彼女は客席に向けて手拍子しながら登場し、みんなに手拍子してもらいながら一体感を出す。
 歌が始まったところで、【振り付けの基礎】はふまえつつ、歌詞にあわせて踊りや【ハイジャンプ】で魅せながら、ある演出を加える。

『カバンの中からポンっと~ 麻雀の牌が登場♪』

 この瞬間【高級麻雀セット】から牌を取り出す。

『みんなだって 知っている ニュートンはすごい人~♪』

 その歌詞のあとにニュートンの中で有名なエピソードを、牌を放り投げて落とすという表現で観客にアピールする。観客たちはマジックを見ているような気分でときどき拍手をしたりしていた。

 同時刻、翡翠と朱炉はお互い戦利品を抱え、手をつなぎながら歩いていた。すると、2人の耳に【おどるパンパカパン】が入ってくる。朱炉は和がのど自慢大会に参加すると言ってたことを思い出しながら、その歌を口ずさむ。
 そのとき、突然翡翠が立ち止まった。

「どうした?」

「朱炉くん、デート中は他の子のことを考えるのは恋人に失礼です」

 ちょっと怒ったような声に朱炉はしまったと思い、慌てて謝る。

「ごめんな」

「わかればいいです」

 そして再び歩き出す。小さなギスギスが感じられる空気の中、朱炉はあることに気付き、口にする。

「そうそう、言葉にしてなかったな」

「?」

 翡翠は朱炉の言葉に振り向く。

「翡翠、浴衣似合ってる。綺麗だぞ」

 目を見て真剣な表情で伝えられた言葉は、翡翠の胸をドキドキさせるとともに愛おしい感情をわかせてくる。

(朱炉くん……ほんとに大好きですよ)

「ありがとうございます。朱炉くんもかっこいいですよ」

「ん……ありがとな」

 2人はどこか照れた様子で屋台を見ながら歩いていた。


『おどるパンパカパンッ!』

 最後のフレーズのターンが決まり、曲が終了する。

『和さん、ありがとうございました。お2人からコメントはありますか?』

『じゃあ、あたしが!』

 光凛が手を挙げ、そのままコメントする。

『歌詞に合わせてのパフォーマンスがよかったです! 次はどんなパフォーマンスが来るんだろうとわくわくしながら歌を聞いてました!』

『天地和さんでした。ありがとうございました』

『ありがとうございました』

 和はステージから降りると、宮古 翡翠とすれ違う。そして入れ替わるように彼女は舞台に立った。
ページの先頭に戻る