イラスト

シナリオは、複数のユーザーが参加した結果を描写される小説形式のコンテンツです。
「ヒロイックソングス!」の世界で起こった事件やイベントに関わることができます。

夏祭り、納涼のど自慢大会!

リアクション公開中!
夏祭り、納涼のど自慢大会!

リアクション

 次の参加者が舞台に立っている中、文月 翡翠は黒地に鮮やかな蝶の柄とピンクの帯の浴衣を、高橋 朱炉は亀甲十字柄で紫紺の浴衣に、モンキータンバリンを手首につけてお祭りを楽しんでいた。
 すると、目の前に射的をする子供たちの姿があった。射的が好きな翡翠は朱炉の手を引っ張りながら誘う。

「朱炉くん、射的しませんか?」

 朱炉は手を急に引っ張られたことに苦笑を浮かべながら答える。苦笑を浮かべたのは、急に手を引っ張られて戸惑っているだけであり、嫌というわけではない。

「いいけど、翡翠射的好きなのか?」

「はい、お祭りでは毎回たくさんやるんです!」

「そうなんだな」

 子供たちが射的を終え、翡翠たちの番になる。

「何狙うんだ?」

「もちろん、スティッチです。ですが、最初は肩慣らしとして他のものを狙っていきましょう」

 翡翠は自分の目の前にあった鉄砲ではなく、隣の鉄砲に手を伸ばす。

「目の前にあるやつは使わないのか?」

「はい、先ほど子供たちの様子を見てこれがしっかりしてそうだったので」

 経験を積んできているということもあり、射的への対策は徹底的だ。

「まずは、お菓子でも狙いましょうか」

 鉄砲をかまえ、狙う位置がずれないようにしっかりと脇をしめる。真剣な空気が漂う中、翡翠は鉄砲を撃つ。弾はお菓子の箱の端に当たり、回転しながら倒れた。

「おめでとう、景品ね」

 おじさんからお菓子をもらったあと、翡翠は次々と景品を当てていく。朱炉はおじさんが困らないかと心配していたが、そういう雰囲気は一切感じられない。朱炉は隣で見ているだけではちょっと寂しくなったので、お金を払って参戦する。

「翡翠、俺も射的する。コツとか教えてくれないか?」

 翡翠は手を止め、鉄砲選びから手取り足取り教えてくれる。そして景品を狙うときが来た。

「まずは軽いやつな」

 朱炉はティラノサウルスのおもちゃに狙いを定める。

「翡翠ー、姿勢とか大丈夫か?」

「大丈夫ですよ。しっかり脇は固めてくださいね」

 なんて言いながら、翡翠は朱炉の射的姿に見惚れている。姿勢に関しては身体に触れながら修正したいところだったが、そこまでやる勇気はなく、言葉で指摘する程度に止めた。
 パンッと軽い音がして、気付けば朱炉は恐竜のおもちゃをゲットしていた。

「朱炉くん、すごいです!」

「翡翠のおかげだ、ありがとな」

 優しい笑みに翡翠は思わず照れる。

「そんな……ところで、次は何狙いますか?」

「んー……スティッチかな?」

「えっ、でもあれ難しいですよ」

 翡翠の不安をよそに朱炉は再び鉄砲をかまえる。

「お姫様のご要望だからな、大物狙いで行かせてもらう!」

「朱炉くん……」

 朱炉の頼もしさにキュンとしながら翡翠も鉄砲をかまえる。

「朱炉くん、私も手伝います。あのスティッチを同時撃ちで倒すのはどうでしょう?」

「それ名案だと思う」

 2人はスティッチが入った箱の角を狙う。回転させて倒すことは難しいものなので、後ろに倒れる形で狙うことにした。

「準備はいいですか?」

「ばっちりだ」

『3・2・1……』

 2人は声をそろえて、カウントする。0と同時に言ったとき、2つの弾は同時に発射され、箱の角にあたる。箱はゆっくりと後ろへと倒れた。

「朱炉くん」

「翡翠……」

「やりました!」

「あぁ!」

 スティッチゲットの嬉しさのあまり、ハイタッチして喜びを分かち合う2人だった。
ページの先頭に戻る