イラスト

シナリオは、複数のユーザーが参加した結果を描写される小説形式のコンテンツです。
「ヒロイックソングス!」の世界で起こった事件やイベントに関わることができます。

夏祭り、納涼のど自慢大会!

リアクション公開中!
夏祭り、納涼のど自慢大会!

リアクション

『続きましてエントリーNo.4世良 延寿さんです。曲は現在ドラマのエンディングのダンスが話題の歌です。【愛DANCE】』

 イントロが流れ出すと、通りすがりの人たちが足をとめる。

「あれ、愛ダンスじゃない?」

「えー! やばい!」

 出だしから心をわし掴みした延寿は、周りの人たちに声をかける。

『みんなも一緒に歌って踊ろうよ!』

 延寿の声かけに観客たちは席へと足を運んでいく。その最中Aパートが始まる。

『夕暮れの 街が来たら色づき 月と風が運ぶよ たくさんの人たちを』

 歌は続き、間奏に入る。間奏といえばあのダンスが出てくるところである。延寿はまず観客の視線を釘づけにするため、【ビートフュージョン】でキレのあるダンスを披露する。観客席から歓声が飛ぶ中、次に曲の邪魔にならないように【クラッピングベル】で【ローリービート】のリズムを踊りながら演奏する。
 観客席はいつの間にか人でいっぱいになり、立ち聞きする人もいる。そんな中、みんな曲を聞いて手だけを動かして踊ってくれていた。

 歌が終わり、光凛がコメントをしようとすると、おもむろに会長の手がマイクへのびる。

『ここはあたしがコメントしていいかい?』

『は、はい! 会長お願いします』

『結論から言わせてもらうよ。とてもよかった。どんな世代でも喜ぶ曲だったし、何よりみんな踊っていたからここにいる全員がこのステージ、この時間を楽しんでいたと思うよ』

 そう言って会長はマイクを置き、笑顔を見せる。

『会長、コメントありがとうございました。そして会場を盛り上げてくれた延寿さん、ありがとうございました』

 観客たちから拍手が起こる。延寿はお辞儀をして、ステージを降りた。
ページの先頭に戻る