イラスト

シナリオは、複数のユーザーが参加した結果を描写される小説形式のコンテンツです。
「ヒロイックソングス!」の世界で起こった事件やイベントに関わることができます。

夏祭り、納涼のど自慢大会!

リアクション公開中!
夏祭り、納涼のど自慢大会!

リアクション

 同時刻、のど自慢大会の会場ではめじろの歌が終わり、彩がコメントしていた。

『大人から子供までみんな知っている歌ということもあり、皆さんも楽しそうに聞いていました。なにより、めじろさんがとても楽しそうに歌っていて、見ている私たちにも楽しさが伝わってきてよかったです』

『めじろさん、ありがとうございました!』

『ありがとうございました』

 めじろはステージを降り、控室となっているテントに入る。近くにあったパイプイスに座り、今回のことを振り返る。本来、歌唱中に【フラッフィーポップ】【グッドハーモニー】【サンデーモーニング】を使う予定だったが、装備を忘れてしまい、めじろ自身が考えたパフォーマンスができなかったのだ。それを思い出し、ため息がこぼれる。

「何ため息についてるの?」

 頭上からの声に顔を上げると、そこには麻衣がいた。

「今回あまりうまくできなかったなって……」

「反省ね。そんなことしてる暇があるなら、次どうすればいいのか考えたほうがいいんじゃない?」

 そう言い残すと麻衣は、奥へと移動した。

「そう、だよね……! 落ち込んでる暇があるなら次のこと考えなきゃね!」

 めじろは次は完璧なパフォーマンスをすると心に決める。その瞳からは強い決意が満ちていた。
ページの先頭に戻る