イラスト

シナリオは、複数のユーザーが参加した結果を描写される小説形式のコンテンツです。
「ヒロイックソングス!」の世界で起こった事件やイベントに関わることができます。

夏祭り、納涼のど自慢大会!

リアクション公開中!
夏祭り、納涼のど自慢大会!

リアクション

 「着きましたね」

 2人の目の前には「金魚すくい」と看板に書かれた文字。そう、彼女たちは金魚すくいをするためにこの夏祭りにやってきたのだ。

「今年こそ、デメキンをすくいますわ!」

 嵐はデメキンが欲しいと思っている。そのわけは実家の金魚が赤い金魚ばかりだからだ。となると、違う種類の金魚が欲しくなるのは当然のことである。
 毎年夏祭りの時期になるとデメキンを狙う。しかし、これまで1度もすくえていない。

「そういえば、楓。もしわたくしがデメキンを取ることができたとして、寮に持ち帰ってお世話することって可能でしょうか?」

「嵐姉さん、それは問題ないそうです」

「それならよかったわ。これで遠慮なくすくえますわね」

 嵐は早速屋台のおじさんにお金を払い、金魚すくいに必要な容器とポイをもらう。

「さぁ、気合い入れていきますわよ!」

 小さいビニールプールの中を優雅に泳ぐ金魚たちを、嵐は真剣な表情で見つめる。小赤がたくさん泳ぐ中、デメキンがその隙間をかいくぐるように泳ぐ。嵐はそのデメキンに目をつけ、すくいあげるタイミングを待つ。

(今ですわ!)

 デメキンが小赤の群れから離れた瞬間、嵐は素早くポイを入れてすくおうとする。しかし、デメキンはポイの存在に気付き、泳ぐスピードを速めてかわした。

(逃げられましたわ……)

 少しショックを受けるが、まだポイは破れていない。それをいいことに再びチャレンジする。でもその前に、嵐は隣でずっと見ている楓に声をかけた。

「楓も見てないで手伝ってくださいませ」

「わかりました」

 楓は嵐の隣にしゃがみ、屋台の人からポイとプラスチックでできた底が深い皿を受け取る。

(さてと……どれを狙いましょうか)

 嵐の視界が入らない場所に目をやり、デメキンの観察をする。すると、1匹だけ優雅に泳ぐ黒いデメキンがいた。しかし、他の金魚より泳ぎが遅い。

(もしかして弱っているということではないですよね?)

 試しに、そのデメキンの近くにポイの先を投入してみる。水に入れた直後、デメキンはパッと横に逸れた。

(気のせいだったようです)

 元気なことがわかったので、再度デメキンの出方をうかがう。観察していると、泳ぎの気品さから嵐に似ているような気がした。デメキンはゆったりと楓がいる壁際の方へと尾びれを動かす。

(取るタイミングが近づいてきましたね)

 毎年、嵐と一緒にデメキンを取るのを手伝ってきた楓。場数を踏んだおかげで、ある程度コツがわかってきた。楓はポイを一旦水につけて引き上げる。これは破けないようにするための対策だ。

(壁際に来ました。あとは……)

 金魚の動きを予測し、斜めにポイを入れるだけである。ポイと容器を動くであろう位置に持っていき、斜めに構える。するとまるでポイと容器に吸い寄せられるように、その場にデメキンが移動し始めた。
 楓は斜めにポイを入れ、デメキンをすくう。逃げないようにポイの縁をうまく使って容器に入れる。デメキンは水が入った容器に収まり、泳ぎ出す。取れたことを報告しようと、嵐のほうを向くと、彼女は真剣な表情で水槽を見ていた。そのとき、めじろの歌が耳に入る。

『いつかを待って胸張るツボミのように、夢を咲かせたい そう、いつの日か、バケモノマスターに…… なりたいの、ならなきゃね、必ずなってやるーっ!』

 楓はその歌とメロディがまるで嵐を応援しているように聞こえた。
 
 
 嵐は何度も挑んだが、デメキンを取ることができなかった。彼女が肩を落とす中、楓はそっと嵐にデメキンが入った金魚袋を渡す。
 
「これは……」

「嵐姉さんにプレゼントです」

 嵐は驚きを隠せないまま、その袋を受け取る。そして笑顔で楓にお礼を言った。

「ありがとうございます、楓。大事にしますわ。あぁ、この子のために水槽などの準備をしなければいけませんね。……楓。手伝ってくれますか?」

「もちろんです。嵐姉さん」

 2人は元来た道を戻り、新しい家族のために準備を始めるのだった。
ページの先頭に戻る