イラスト

シナリオは、複数のユーザーが参加した結果を描写される小説形式のコンテンツです。
「ヒロイックソングス!」の世界で起こった事件やイベントに関わることができます。

シルク・ド・フェスタ!

リアクション公開中!
シルク・ド・フェスタ!

リアクション

 ルティアと彰はお互いの間を人3人分ぐらいの距離を保ち、前に出る。風花は後ろで目を閉じ、【レッドブレイド】に炎を宿らせている。

「何をするかは知らないけど……動かないなら!」

 水希は両脇にいる中型ゴーレムにルティアと彰の相手をするように命じ、自分は風花に向けて【シューティングスター】を仕掛ける。

 3人にそれぞれの攻撃が向かう。それを待っていたかのように、風花は閉じていた目を力強く開いた。

「強力な一撃、くらうといいわ!」

 風花は2つの【レッドブレイド】を地面に振り下ろす。その際、【ソードフレア】が発動し、炎が彰とルティアの間を通り抜ける。炎は水希が乗っていたゴーレムに直撃し、吹き飛ばされた。両隣にいたゴーレムも技の衝撃ではね飛ばされる。
 ルティアと彰は炎が通り抜けたことを確認し、走って大型ゴーレムの前に向かう。

「させない!」

 崩れたゴーレムから水希が姿を現し、【ダークネス】や【フレア・バレット】を彰とルティアに向けて放つ。しかし、それは風花の【レッドブレイド】に弾かれた。

「力があまってるなら私が相手をするわ」

「ちっ……」

 水希は軽く舌打ちして、風花を倒すために魔法を放つ。

「彰、歌おう!」

「あぁ! 俺と君でゴーレムを目覚めさせるんだ」

 彰とルティアは手をつなぎ、大型ゴーレムの前に立つ。
 ルティアが大きく息を吸い、【フラッププロローグ】で歌に溌剌さと勢いをつけていく。彰はそれに合わせて、力強い声で歌い始めた。彰の歌の邪魔にならないよう、ルティアは【ハミングソング】で彼を引き立てる。サビに入ると、彰は【レインボーマイスター】で演出を加えた。
 最後のフレーズが会場へ消えたとき、ゴーレムが目を覚ます。すると、檻が壊れ、歌い手たちが解放された。檻が壊れたことで、ゴーレムは脆く崩れ去る。

「そんな……」

 歌い手たちが解放されたことで、水希はその場に座り込んでしまった。

「よかった、これで村が平和になるね!」

 ゴーレムが攫われた村にいた妖精世良 延寿は歌い手たちが解放されたところを上空から見ていた。喜びを表現するため、【レインボーマイスター】で空に虹を作りながら、空中ブランコで宙を舞う。うまく次の空中ブランコに飛び移ることができたので、今度は身体をひねりながら、次の空中ブランコに移る。見ているうちに本当に飛んでいるのではないかと勘違いしてしまうくらい、彼女の芸は磨きがかかっていた。途中、【ピクシーウイング】をパタパタさせながら、【グッドスマイル】で観客にアピールし、注目と拍手を集めた。
ページの先頭に戻る