イラスト

シナリオは、複数のユーザーが参加した結果を描写される小説形式のコンテンツです。
「ヒロイックソングス!」の世界で起こった事件やイベントに関わることができます。

【初夏の大祭典!】フェス×フェス2029

リアクション公開中!
【初夏の大祭典!】フェス×フェス2029

基本情報

マスター ヒロイックソングス!運営チーム
ワールド 共通

料金

参加 150ポイント
キャラ追加 100ポイント
最大追加数 3名まで
文字数追加

スケジュール

リアクション
公開
2019年07月09日公開!

※アクション締切時の参加PC数で正式な公開予定が決定されます。詳しくはこちら

シナリオガイド

2029年の“ライブ”最強は誰だ!? 最高のライブを届けよう!

シナリオ名:【初夏の大祭典!】フェス×フェス2029 / 担当マスター:ヒロイックソングス!運営チーム

 アイドル学校、フェイトスターアカデミー。
 ここ数年でも多くの芸能人や多様なアイドルたちを輩出したこの学校では、毎年恒例のビッグイベントがあります。

「さて、フェス×フェス2029の開催日が決まりましたね!」

 木 馬太郎校長はいつもに増してうきうきと花弁をカラフルに色づかせました。

 年に一度フェイトスターアカデミーのライブ最強を決めるフェスイベント、フェス×フェス
 フェスタ生同士で切磋琢磨するだけではなく、この一年の集大成をお披露目する晴れ舞台でもあり、
 自分のファンやお世話になった人たちへ最高のパフォーマンスで感謝を贈る場でもあるでしょう。

「フフフフ、折角の皆さんの晴れ舞台です。私も審査員として立派なスーツでも新調しましょうか」

「そのことですが……今年は校長は特別審査員から外れていただきます。
 校長、去年は感極まって担当の部門の生徒全員を評価してしまったじゃないですか」

「えっ!!? だ、だってそれは仕方ないことでしょう……!!」

 プロデューサー講師の一色雪臣先生が王子スマイルで告げた一言に、校長はただでさえ丸い目をさらに丸くしました。
 彼の生徒への愛情の深さ故に審査員には向かないと、フェスタ教員全会一致で決まってしまったそうです。

「ですが、ステージがよく見える特等席は校長のために確保しましたのでご安心ください。
 あなたは審査員席よりも観客席にいる方がお好きでしょう?」

「い、一色先生……!」

 それに今年も素晴らしい審査員の方々をお呼びしましたからね、と一色先生は穏やかに微笑んだのでした。

◆◇◆


 ――フェス×フェス当日。
 ステージでは参加者より一足早く、特別審査員たちが簡単な挨拶を行っていました。
 観客席を見回した輝夜が、ご機嫌に手を振ります。

「ってワケで、今年はキュート部門、クール部門、エレガンス部門の3部門!
 輝夜ちゃんはもちろんキュート部門を担当するわ、たくさん可愛い武芸を見せてよね!
 そーそー、あそこのD.D.クロノスって子も一緒に審査するわよ!」

 審査員席でテンパるクロノスをD.D.が優しくいい子いい子してあげている様子が特設ステージの大画面に映し出され、会場に微笑ましい空気が流れました。
 そして、マイクは次に†タナトス†に渡ります。

「僕はクール部門の審査員らしいよ、人選やばくない? 僕の心に響くくらいイケイケなことしちゃってね!
 審査員は僕と、アンラと、統夜の三人。やっば~、絶対仲良くなれね~!」

 「こっちこそお断りよー!」とアンラの楽しげな野次が飛び、笑っていいのか微妙な空気が流れました。
 烏扇は腕を組んだまま沈黙していますが、校長曰く今回のオファーは二つ返事で承諾したのだそうです。

「そして、僕が審査するのはエレガンス部門……。君達の気品という輝きを、僕らに見せてくれ」

 最後にステージ上で恭しく一礼するのは、体中からアイドルの輝きが溢れ出すような眩いばかりの今回の超特大ゲスト――
 エース・ジャックです。あまりのオーラに彼を完全に視認出来る者は少ないようでした。
 審査員席ではエースの日射し(?)対策か、ゴツいサングラスをかけた白陽秋太郎と必死に日焼け止めを塗る天歌院玲花の姿が見られます。

「何故あんな大物がわざわざフェスタに来たんですの……?」
「ヘラクレスビートルズの代理だと聞いているが……彼の本意は彼にしか分からんよ」
「あんな大光量、ライブじゃマナー違反じゃないの?」

 特別審査員の面々にすら戸惑いの声が広がりましたが、エースが席に戻ればすぐに第一部門の演目が始まります。
 審査員も観客も、期待に胸を躍らせながらアイドルたちの登場を見守るのでした――!

担当マスター : ヒロイックソングス!運営チーム

マスターコメント

「ヒロイックソングス!」運営チームです。
スペシャルシナリオ「フェス×フェス2029」をお送りいたします。

スペシャルシナリオは、
基本的にシナリオ参加者全員が小説(リアクション)に登場することになります!
また行動内容や結果などによって称号がもらえることもあります!

一人でじっくり行動(アクション)を考えるも良し。
皆でわいわい相談するも良し。
ぜひお楽しみください!

シナリオのルールや遊び方につきましては、下記をご確認ください。

プレイガイド「シナリオアクションの書き方」
マニュアル「シナリオ」

シナリオに参加したら、下記のアクションパートから一つを選択し
アクションを作成、投稿してください。

◆パートナーキャラクターに関する特別ルール
今回のシナリオは、パートナー同士がそれぞれのユニットで行動できる特別ルールのシナリオとなります。
通常とは異なり、以下の指定をアクションに記載いただくことで、異なる場所や目的で活動するユニットにキャラクターを編入させることができます。

選択したアクションパートやGAとは異なる場所や目的で活動するユニットにキャラクターを編入させたい場合は、
編入させたいアクションパートとユニット名を【】でくくってキャラクターのアクション先頭に記載してください。
(例:【1】のユニット【ユニッター】に編入します)

異なる行動・場所のユニットでアクションをかける場合、そのパートナーはGA(グループアクション)に含まれない扱いとなります。

※通常のシナリオでは、パートナー同士で異なる目的の行動を行ったり、違うアクションパートで行動したりすることはできません。
 詳しくは「アクションを入力する際の注意事項」の『ダブルアクション(一度に複数の行動を取っている)』をご覧ください。
※ユニットへの編入を目的としていない、編入が困難あるいは不可能であると判断される場合、アクションとして不採用になる場合があります。どの例が採用・不採用となるかにつきましてはお答えできませんので、ご了承のうえアクションをご投稿ください。

◆ご注意
シナリオで使用できるスキル・アイテムはアクション投稿時に装備しているものだけとなります。
ただし、ポケットに装備しているものは反映されませんのでご注意ください。

また、バトルアイテム・スキルでのアピール・演出などは、基本的には評価対象となりませんのでご注意ください。
【6/17 追記】※「スイッチスキル」はバトルスキルであっても、ライブ時効果を発揮していれば評価対象になります。



■フェス×フェス2029について
フェス×フェスはフェイトスターアカデミーにおけるライブの最強を決定する、大規模フェスイベントです。
今年も観客と特別審査員の評価により各部門の優勝者を決定します。
また、各世界での優勝者からMVPが1人選出されます。

各部門の特別審査員は以下の方々になります。

【1】キュート部門:クロノス/D.D./輝夜
【2】クール部門:烏扇統夜/†タナトス†/アンラ・マンユ
【3】エレガンス部門:天歌院玲花/白陽秋太郎/エース・ジャック


また、観客として各世界でライブの応援を行ったり、
会場でフェス運営の手伝いを行ったりする場合は、

【4】観客として応援する/運営を手伝う

をご選択ください!


■賞品
各部門優勝者にはもれなく、50000G相当のルミマル像と称号が授与されるほか、
「フェイトスターアカデミーのあゆみ」にお名前を掲載させて頂きます!

さらにMVPの方には上記に加え、
参加者の奮闘ぶりから考案された新スキルが習得できる、
MVP者名のEXフェローが作成されます!
※EXフェローはシナリオ公開後にシナリオ参加キャラクター全員(追加キャラクター含む)にプレゼントされます。

■スタイルアーティスト制度
全部門から各スタイルにつき一人ずつ、そのスタイルを活かしたライブで最も高い評価を得た者は
フェスタからスタイルアーティストに任命されます!
※サブスタイルはスタイルアーティストの選考対象になりませんのでご注意ください。
※レジェンドスタイル・覇権スタイルからは、各部門から1人ずつの計3人がスタイルアーティストとして任命されます。

スタイルアーティストはそのスタイルのライブのエキスパートとして、フェスタ生の模範となる存在です。
スタイルアーティストに選ばれた方々も、「フェイトスターアカデミーのあゆみ」にお名前を掲載させて頂きます!


■ライブのルール
フェスはプログラムに沿って進行し、フェスタ内の特設会場で行われます。
観客は去年に引き続き、全国・各世界からやってくる多くのフェスタファンやアイドル達となります。
フェス中では、特殊なディメンションシフトにより全ての世界のスタイルが力を発揮します。

ステージでは1人or1ユニットずつライブを行い、
まず観客がどれくらい盛り上がっているかで基本的な評価が行われます。
部門ごとにテーマが設定されており、テーマに沿ったライブは高得点を狙うことが出来ます。

各部門ごとに全ての参加者のライブ終了後、特別審査員がそれぞれ一番心に残ったライブを発表します。
特別審査員に選ばれた参加者は、さらに加点対象として評価がぐんと優遇されます。

総合評価により、各部門での優勝者が決定されます。

※今回、ユニットとして認められるのは【4人まで】となります。
※ユニットで参加する場合、必ずしもユニット機能を使用する必要はございません。

追加キャラクターは、
上記『パートナーキャラクターに関する特別ルール』
に該当する場合を除いて、同ステージからの参加となります。

■NPCについて
例年通り、特別審査員に直接接触したり、攻撃を行うようなアクションをかけることは出来ません。
しかし、一言程度の呼びかけには反応を返す場合があります。

また、フェスタに来ることのできる公式NPCであれば、シナリオガイドに記載が無くても
校長先生に連れて来られるなどして観客としてライブを見ているかもしれません。
観客席の特定のNPCへ呼びかけた場合も、一言程度の呼びかけには反応を返すことがあります。


【1】キュート部門
「かわいらしさ」や「ポップさ」がテーマとなる部門です。

◆特別審査員について
この部門の特別審査員は、それぞれ以下のライブを好んだり、注目したりする傾向があります。

・クロノス
神獣や星獣、またはびーすとなどの動物系のアピールに和んでしまうようです。
もふもふにも弱いです。

・D.D.
人と人の絆が感じられるライブや、同性同士の絡みにはしゃぐようです。

・輝夜
とにかく「可愛さ」を押し出したライブを気に入ります。
「可愛さ」のジャンルは問わず、「とにかく自分が可愛いと思うものを見せて!」とのことです。

【2】クール部門
「かっこよさ」や「ワイルドさ」がテーマとなる部門です。

この部門の特別審査員は、それぞれ以下のライブを好んだり、注目したりする傾向があります。

・†タナトス†
激しく熱いライブ、または少し中二病っぽい雰囲気にテンションが上がります。

・アンラ・マンユ
ちょいワルやアングラっぽい雰囲気のライブは応援したくなるようです。
かっこいい胸キュン系の演出にも弱めです。

・烏扇統夜
強者であることを感じさせるライブに興味を示しますが、去年とは少しニュアンスが異なるようです。
強いだけでなく、「人々に求められる英雄」像を評価します。


【3】エレガンス部門
「上品さ」や「癒し」がテーマとなる部門です。

◆特別審査員について
この部門の特別審査員は、それぞれ以下のライブを好んだり、注目したりする傾向があります。

・天歌院玲花
演出の美しさやゴージャス感を重視します。また、衣装の華やかさにも注目するようです。

・白陽秋太郎
穏やかで落ち着いた雰囲気や、皆が笑顔で平和な雰囲気のライブを好みます。

・エース・ジャック
トップアイドルとしての風格・自信のある振る舞いを求めます。
また、アイドルとしての輝きも重視します。輝いていればどのような輝きでもいいそうです。

【4】観客として応援する/運営を手伝う
参加者の応援を行ったり、フェス運営の手伝いを行う事ができます。
ステージのセッティングや音響の手伝いや、屋台の出店、フェスタ内のパトロールなども行うことができます。
特別審査員には接触できないのでお気をつけください。

※このパートでは、フェスタ生やフェスタ職員にアクションをかけることができます。


特大フェスを楽しむため、自分の実力を確かめるため、
あるいは誰かにライブで笑顔にするため――
フェスタの一大イベント、ぜひ奮ってご参加ください!

【6/17 追記】「ご注意」にスイッチスキルについて追記を行いました。

アクションパート

・目的
キュート部門で優勝する!

・動機
あたしこそ日本一のキュートアイドルなんだから!

・手段
輝夜やD.D.ちゃんなら、可愛いものにはきっとこだわりがあるはず!
初披露のダンスで魅了しちゃうんだから!
1
・目的
クール部門で優勝する!

・動機
フェス×フェス2029クール部門優勝、ふっ。私にこそふさわしい…

・手段
クールとは生き様、今回だけのためにとっておきを用意した!
ポーズも小道具も盛りに持った……いいか†タナトス†、これが真の中二病という奴だ!
1
・目的
エレガンス部門で優勝する!

・動機
上品さでわたくしの右に出るものはいませんわ!

・手段
エース・ジャックの輝き、見事なものですわ。
だからもっと輝くように準備させていただきましたわ、ごらんなさい!
1
クール部門でステージに上がる人を全力で応援するよ!
渡邊先生と一緒に盛り上がっちゃおう!
1
ページの先頭に戻る