イラスト

シナリオは、複数のユーザーが参加した結果を描写される小説形式のコンテンツです。
「ヒロイックソングス!」の世界で起こった事件やイベントに関わることができます。

オキナワ・ドクターズカップ!

リアクション公開中!
オキナワ・ドクターズカップ!

基本情報

マスター ヒロイックソングス!運営チーム
ワールド オルトアース

料金

参加 150ポイント
キャラ追加 100ポイント
最大追加数 3名まで
文字数追加

スケジュール

リアクション
公開
2018年07月23日公開!

※アクション締切時の参加PC数で正式な公開予定が決定されます。詳しくはこちら

シナリオガイド

新商品のコマーシャルアイドル募集! バトルとライブで新作ホビーを勝ち取ろう!

シナリオ名:オキナワ・ドクターズカップ! / 担当マスター:ヒロイックソングス!運営チーム

 ――超玩都市オキナワ。
 オルトアース現象の影響で、スーパーホビー「Dマテリアル」が大流行している都市です。
 2028年の沖縄は陸地が減少した影響で、メガフロート「那覇島」が建造され、そこが流行の発信地になっていました。

 その那覇島の一角に、フェスタの西宮 彩(さいみや あや)は真っ赤な顔で歩いていました。
 彩の隣では、同じくフェスタの奥 莉緒(おく りお)が苦笑しています。

「な、なんで私、水着なんか着てるんですか……!?」

「だって最近、梅雨で雨ばっかりだし。たまの晴れくらい、羽を伸ばしたいじゃない」

 彩の中には、紆余曲折あってイドラの女王がおり、ちょくちょく入れ替わっています。
 今の格好はどうやら、女王の采配によるものらしく、彩は全面的に恥ずかしがっています。

「彩、あんまり人前で入れ替わると変な人だと思われちゃうよ」

「いいのよ。これくらいキャラがないと、芸能界で個性なんて出せないわよ」

「わ、私、二重人格アイドルなんてヤですー!?」

 喜怒哀楽の激しい彩と女王を、莉緒は微笑ましく思います。
 莉緒もまた、落ち込んで励まされて、アイドルを続けており、彩と女王にはシンパシーを感じているのでした。

「私は、二人が仲良しなの、うれしいけど。
 ……あれ?」

 ふいに二人は、街角に出されている、あるDマテリアルのショップに張り出されたビラに目を止めます。
 そこには、『ドクターズカップ開催!』という文字が、ブリキのロボットとともに描かれていました。

「うわ、ダッサ……」

 思わず声を漏らしたイドラの女王。
 彩は慌てて「ダメだよ!」と止めましたが、時すでに遅し、店の奥からヒョロリとした人影が姿を現しました。

「やあ、張り紙を見たんだね!」

「ど、ドク! これ、ドクのお店だったの!?」

 張り紙を張っていたのは、ドクターK――ドクのホビーショップ。
 つまり新作のDマテリアルを開発したのはドクだったのでした。

「その制服と指定水着……フェスタの生徒かい!?
 ちょうどよかった。君たちのスクールメイトに、ぜひ頼みたいことがあるんだ」

「張り紙のことですよね?」

「そうとも! もう結構な数が集まってはいるんだが……できれば、君たちにも参加してほしいんだ。
 このコンテスト、ドクターズカップにね!」

 ビラの裏には、ドクターズカップの詳細が書かれていました。
 それによればこのコンテストは、ドクのホビーショップで作られる新作ホビーを宣伝するアイドルを発見するために開かれ、
 このコンテストで優秀な成績を残したアイドルには、その新作ホビーが誰よりも早く授与されるとのことでした。

「母数が大いに越したことはない! このコンテスト自体も宣伝の一環だしね。
 君のスクールメイトにも声をかけて、ぜひ参加してほしい。

 【ライブ部門】はテーマに沿ったライブの出来栄えを競い
 【バトル部門】は僕が発明した大型Dマテリアルと協力して戦ってもらうよ!

「大事なのはそこじゃないでしょ!
 新型のDマテって、どんなものなの?」

「ハッハッハ! 欲張りさんだね!
 いいとも、見せてあげよう――これが新型のモデルだ!」

 ドクがカバーを剥ぐと、モニタには、二枚の青写真が映っていました。
 ひとつは、恐竜の形をしたDマテリアル――開発コード『レックス』。
 もうひとつは、一輪バイクの形をしたDマテリアル、開発コード『ユニ』でした。

「……いいわね、この恐竜型。悪役っぽいわ!」

「このバイク、可愛くなる?」

「なるとも! いくらでも装飾するよ!」

 ――こうして。
 フェスタ生たちは、新たなDマテリアルの宣伝権をめぐるコンテスト……
 ドクターズカップに挑むことになったのでした。

担当マスター : ヒロイックソングス!運営チーム

マスターコメント

「ヒロイックソングス!」運営チームです。
スペシャルシナリオ「オキナワ・ドクターズカップ!」をお送りいたします。
今回の舞台はオルトアースの超玩都市オキナワとなります。
どなたでもご参加頂けますので、お好きなパートをお楽しみ頂ければ幸いです。

○オルトゲージの付与
シナリオ中で活躍したキャラクターにはオルトゲージ付与が行われ、
さらに次回のシナリオに招待されることがあります!

○基本的な状況
・ドクターKが作り出した新たなDマテリアル2種のコマーシャルをしてくれるアイドルを募集しています。
・コマーシャルアイドルには、新作をいち早く使ってもらい、その素晴らしさを宣伝してもらう役目が与えられます。
・そこで、より優れたアイドルにこの新作Dマテリアルを授けるため、
 ドクターKは「ドクターズカップ」と称したミニコンテストを開くことにしたのでした。
・コンテストはライブ部門とバトル部門に分かれて行われます。

このシナリオで評価が特に高かった方には、ドクターKから特別な称号のほか、
新たなDマテリアルが付与される可能性があります!
(リアクションの結果によっては、該当者なしの場合もあります)
Dマテリアルはオキナワの2スタイルのうち、アクション送信時のメインスタイルに設定されているスタイル向けのものが付与されます。

ドクによれば、ダイバー向けのDマテリアルは、恐竜型の開発コード「レックス」、
デバイサー向けのDマテリアルは、一輪バイク型の開発コ―ド「ユニ」とのことです。


【1】ライブ部門に参加する!:難易度2
Dマテリアルを使ったライブは実に多彩です。
音楽とダンスを基本として、イレギュラーなものは料理を作り始めることもあります。

・ライブ会場の基本的なルール
今回ドクターKが出したライブのお題は、「梅雨を吹き飛ばせ!」です。
これに沿ったパフォーマンスを披露して、皆さんに競っていただきます。

ドクの用意した特設ステージに、ドクターKのショップを愛するファンが集まっており、ルミマルを振っています。
振られているルミマルの色や数によって「ドクメーター」が溜まっていき、それぞれのスコアとして計上されます。
このドクメーターがとくに高かった出演者が、新たなDマテリアルを手に入れることができます!

※このパートには、莉緒が参加します。

【2】バトル部門に参加する!:難易度3
ドクターKがロマンを求めて作り出した(結果暴走している)、大型Dマテリアルとバトルしていただきます。
協力して倒す必要はありますが、この中で特に有効な行動をとったアイドルに、新たなDマテリアルが与えられます!

・大型Dマテリアルについて
巨大な黒いイセエビの形をしている、大型のDマテリアルです。
オーサカで入手したイセエビの甲殻で作られた殻は非常に硬く、鋭いカギヅメのついた前足やしっぽ、水のブレスで攻撃してきます。

大きな目と複合センサーを兼ねるひげを使って周囲の状態を把握しています。
関節が多く、各々が独立駆動しているため、ダメージを受けても元気に動き続けます。
しかし殻は茹でる・焼くことで強度が下がり、壊れやすくなるようです。

また、このDマテリアルには、ドクと親しい誰かがダイブしたまま閉じ込められているらしく、
破壊することでダイブを解除できるようです。

※このパートには彩(イドラの女王)が参加します。

アクションパート

・動機
新作Dマテリアル……面白そう!
ドクターKのお店ももっと流行ってほしいし、ライブで思いっきり盛り上げちゃうよ!

・行動
ダイブしたDマテリアルでダンスするよ。
小さな身体でも目立てるって、教えてあげるんだから!
2
・動機
Dマテリアルには興味がないが……イセエビ型ロボ?
誰がダイブしているかも気になるし、戦ってやるか。

・行動
足から落としていけば、戦闘能力下がるんじゃないか?
しっぽの攻撃が一番強力だろうし、注意しなきゃな。
3
ページの先頭に戻る