イラスト

シナリオは、複数のユーザーが参加した結果を描写される小説形式のコンテンツです。
「ヒロイックソングス!」の世界で起こった事件やイベントに関わることができます。

真夜中に出没する扉

リアクション公開中!
真夜中に出没する扉

基本情報

マスター 蒼井卯月
ワールド 地球

料金

参加 100ポイント
キャラ追加 100ポイント
最大追加数 3名まで
文字数追加 不可

スケジュール

リアクション
公開
2017年09月07日公開!

※アクション締切時の参加PC数で正式な公開予定が決定されます。詳しくはこちら

シナリオガイド

あなたはその扉を開けますか? 見張りますか?

シナリオ名:真夜中に出没する扉 / 担当マスター:蒼井卯月

真夜中の真っ暗い校舎。
とある校舎の最上階の廊下を、三人の男子生徒が恐る恐る歩いています。

彼らは『真夜中0時にだけ現れる不思議な扉』の噂を聞き、
フェスタ校内に忍び込んでいたのです。

「ここって、倉庫とか古い資料室ばかりで、普段誰も来ないんじゃね?」
「そんな場所だからこそ、噂が広まるんだろうな」
「単に、ホラー風紀委員の第二弾なんじゃないか?」

廊下のはるか向こうの突き当り、非常口のプレートが白と緑の光を放っています。
三人はその明かりだけを頼りに歩いています。
下手に懐中電灯やスマートフォンを灯したら、警備員にみつかる恐れがあるからです。
最近は噂のせいで、忍び込む生徒が後を絶ちませんので……

「ほら、そこだ、そこの壁だよ」
「その壁に、真夜中0時になると……」

三人は息をのみました。
なにもなかった壁に、ぽおっと光がともり、そしてみるみる、扉が現れたのです。

「はっ、入るか?」
「それ、ガチで言ってる?」
「じゃあどうする?」
「決まってるだろ」

三人は顔を見合わせ、ごくりと唾をのみうなずき合い、

「うわぁぁあああ!」

一目散で、走り去りました。

担当マスター : 蒼井卯月

マスターコメント

読んでくださりありがとうございます。
「【真夜中に出没する扉】あなたはその扉を開けますか? 見張りますか?」をお届けします。


この扉がどの程度危険なものなのか、調査が必要です。
扉を開けた者がどんなことを体験するのか、どの程度危険な扉なのか、さまざま調べあげていただきたく思います。

■□□■□□■□□■


扉の向こうになにがあるのか、誰も知りません。
扉を目撃して逃げ帰った者は複数おりますが、行方不明者などは報告されていません。
また「自分はあの扉を開けた」という者も、これまで名乗りでていません。

一つの場所に通じているのか、例えば開ける者によって扉の向こうは変わるのか、それすらも判りません。
なにせ「自分はあの扉を開けた」という者が誰ひとり名乗り出てこないのですから……

■□□■□□■□□■


以前、この扉を見に行った生徒の一人が発熱し、保健室で休んだことがあります。
そのときにその生徒が言った寝言が、話題になっています。

「もちろん、全部忘れます! ああ楽しい」

発熱中の寝言なので信ぴょう性はまったく不明ですが、今のところ、現存する証言はこれのみとなります。
(寝言を言った生徒にはまったく記憶がなく、聞き込みなどをしても情報はありません。)

■□□■□□■□□■


今回のシナリオは、扉を開けて中に行くか、見張るか、の二択となります。

■扉を開けて、向こうへ行く

扉の向こうには、帰りたくなくなるような、楽しい世界が広がっています。

参加者一人一人が、それぞれ扉を開けていきます。
(グループ参加の方は、同時に一緒に開けていただきます。)

扉の向こうになにがあるか、誰がいるか、なにをするかなどを、記載していただきたく思います。


■ひたすら扉を見張る

扉の向こうに仲間を送り出し、扉を見守ります。
中に入った者がいつまでも戻ってこない場合など、不測の事態に備えます。

また、注意深く見張っていれば、扉が開いて、あちらから誰かが出てくる可能性もあります。
出てくるのが異世界の怪物なのか、人畜無害の迷子の異世界人なのか、誰も知りません。
出てきたものと、バトルやライブになる可能性もあります。

■□□■□□■□□■


もちろん、全員無事に帰還していただくことが大切です。

■□□■□□■□□■


【注意事項】

・当ヒロイックソングス!の世界にのっとったものをお願いします。

・シナリオマニュアル通り、1アクションが原則となっております。

・舞台は「地球」ですので、スタイルはそちらに沿っていきます。

・扉の存在や扉の中で起こったことは、本シナリオ内限りとなります

アクションパート

扉の向こうに広がるのは、きっと、帰りたくないような楽しい世界。

絶景の露店風呂とか?
おいしいものだらけの異世界の食堂とか?

私はライブもバトルも忘れて、温泉三昧がいいな。
ふう、極楽極楽。あ、でもそのあと、異世界の食堂も行きたい。

あんまり楽しすぎたら、なにもかも、どうでもよくなっちゃうかも?
でも「これは調査なんだ」ってちゃんと気を張っていけば大丈夫。
外で見張ってくれる人も、きっといるし!
1
俺は、寝言が気になる。
全部忘れますとか、ああ楽しいとか。
誰かが記憶を改ざんして、秘密裡に生徒をこっちに帰してるってことか?

扉の前で待っていれば、なにか判るかもしれない。
あっちから出てくるのが悪人だったらバトル。
害のなさそうなヤツだったら、いっちょライブでも見せてやるか?
2
ページの先頭に戻る