イラスト

シナリオは、複数のユーザーが参加した結果を描写される小説形式のコンテンツです。
「ヒロイックソングス!」の世界で起こった事件やイベントに関わることができます。

ピッケル団参上! 星獣まつりを襲う危機!

リアクション公開中!
ピッケル団参上! 星獣まつりを襲う危機!

基本情報

マスター ヒロイックソングス!運営チーム
ワールド オルトアース

料金

参加 50ポイント
キャラ追加 50ポイント
最大追加数 3名まで
文字数追加 不可

スケジュール

リアクション
公開
2018年09月11日公開!

※アクション締切時の参加PC数で正式な公開予定が決定されます。詳しくはこちら

シナリオガイド

星獣とのわくわく触れあいフェスティバルを、星獣ドロボウの手から守り通せ!

シナリオ名:ピッケル団参上! 星獣まつりを襲う危機! / 担当マスター:ヒロイックソングス!運営チーム

 ――星獣都市ハコダテ。
 暗闇と化した五稜郭“スターフォール”から飛び出してきた、“星獣”と呼ばれる不思議な生き物たちとともに、人々が暮らしている都市です。
 空前の星獣ブームに沸いているハコダテでは、この日、星獣を題材にした大規模なイベントが行われていました。

 その名も、ハコダテ星獣まつり。

 ハコダテの大きな公園を借り切って行われるそのイベントは、家族やカップル、星獣マニアまで、多くの人々が楽しみにしていたイベントです。
 フェスタの泉 光凛(いずみ ひかり)と、相棒の星獣であるドラムヒヒのヒヒちゃんもそれに訪れ、賑わいを楽しんでいました。
 ハコダテの少年乃地 はくま(のち はくま)と、パートナーのホワイトも一緒です。

「すごいねぇ、ヒヒちゃん! 星獣勝負もできるみたいだよ!」

「ウホホッ!」

「アイドルなのに、ライブステージじゃなくてバトルアリーナのほうに目が行くんだね……」

 歩いていると、星獣に触りたがる子供たちや、星獣ショーを見ている家族など、多くの人が来ていることがわかります。
 フードコートやプールにも、星獣をモチーフにしたものがたくさん置いてあり、楽しまれているようです。

「星獣って、こんなにブームになってるんだね」

「まあ、ね――別に面白いことじゃないよ」

「そうなの?」

「星獣だって、自由であるべきだよ。こんな風に、おもちゃにされてさ……」

 はくまの悲しげな言葉に、光凛は何かを言おうとしました。
 しかしそのとき、会場内に悲鳴が響き渡ったのです。

「助けてくれーっ!
 ピッケル団が襲ってきたーっ!」


 ピッケル団とは、最近にハコダテの街で噂になっている星獣ドロボウ集団です。
 ハコダテでひとの星獣を盗み出す悪の組織として、警察もその動向を追いかけていました。
 しかし、正体がつかめないまま、このイベントを襲撃されてしまったのです。

「たしか駿……じゃなかった、タチバナ博士の星獣を盗んだのもあの人たちだよ!
 あっちのほう、星獣バトルアリーナが襲われてるみたい!」

「バトル向きに育てられた星獣を盗むつもりなんだ。
 最近は、強い星獣が流行っているから……」

「なんとかして止めなきゃ……フェスタのみんなにも声をかけてくるから、
 はくま君はお客さんたちを安心させてあげて!」

「あ、安心ってそんな、簡単に……」

「はくま君、ミーティアシンガーでしょ! 頑張って!」

 光凛はそう言うや、その場を駆けだしました。
 とりのこされたはくまは、立ち尽くして頭をかいてためいきをつきました。

「……はぁ、しょうがないか……」

「チュッ」

 相棒のホワイトは、びくびくしながらもはくまを励ますように鳴きました。
 はたして、はくまと光凛、そしてフェスタのアイドル達は、イベントを守り抜くことができるのでしょうか――?

担当マスター : ヒロイックソングス!運営チーム

マスターコメント

「ヒロイックソングス!」運営チームです。
イベントシナリオ「ピッケル団参上! 星獣まつりを襲う危機!」をお送りいたします。
今回の舞台はオルトアースの星獣都市ハコダテとなります。
どなたでもご参加頂けますので、お好きなパートをお楽しみ頂ければ幸いです。

シナリオのルールや遊び方につきましては、下記をご確認ください。

●プレイガイド「シナリオアクションの書き方」
●マニュアル「シナリオ」

シナリオに参加したら、下記のアクションパートから一つを選択し
アクションを作成、投稿してください。

◆ご注意
シナリオで使用できるスキル・アイテムはアクション投稿時に装備しているものだけとなります。
ただし、ポケットに装備しているものは反映されませんのでご注意ください。

○オルトゲージの付与
シナリオ中で活躍したキャラクターにはオルトゲージ付与が行われ、
さらに次回のシナリオに招待されることがあります!

○基本的な状況
・札幌に雪まつり、ハコダテに「星獣まつり」あり……ハコダテでは町を挙げて、星獣ブームを盛り上げるため、ふれあいイベント「ハコダテ星獣まつり」を開催することになりました。
・しかし、そのイベントに狙いをつけ、昨今街を騒がせつつあった星獣ドロボウ集団“ピッケル団”が襲撃。ひとの星獣を奪い取って、遠方へ高く売りさばこうとしています。
・みなさんは襲い来るピッケル団を止めつつ、星獣まつりを楽しいものとして成功へ導いてください!

さらに今回活躍された方には、小さな星獣でも騎乗可能なサイズになるスキルの消費アイテムがプレゼントされます!
ぜひ奮ってご参加ください!

【1】ピッケル団をつかまえる:難易度3
ハコダテの大きな公園で行われているハコダテ星獣まつり
それに乱入して、星獣使いの手持ち星獣を奪い取ろうとしているのがピッケル団です。

ピッケル団は現在、まつり会場の一角、バトルアリーナで暴れています。
現地の星獣使いが食い止めていますが、徐々に手持ちの星獣を奪われ、後退しています。
当該区画の来場客の避難は完了しており、またピッケル団も無関係の来場客を傷つけるつもりはないようなので、一般の人々への被害は心配ありません。

星獣で戦う必要はありませんが、星獣は星獣どうしで引き合い、強い反応を示すようです。

・ピッケル団について
最近、ハコダテで噂になっている星獣ドロボウの集団です。
すでにパートナーのいる、ある程度育った星獣を奪い取り、星獣の少ない遠方へ高く売りさばいています。
なかなか正体のつかめない集団でしたが、今回の大規模な襲撃にはボスが参加しており、そのしっぽをつかむことができるかもしれません。

彼らは主にカオスブリーダーで構成されており、星獣とともにバトルで仕掛け、星獣を奪い取ることに長けているようです。
また、言うことをきかない星獣を叱ったり、鞭打つなど、すさんだ関係を築いていることが知られています。

団員は植物を操る技や特徴を備えており、火を用いた攻撃が有効でしょう。
特定の技を偏って備えていることから、彼らは植物系の技を好む、ブリーダー道場の一門だったのではないかと言われています。

・ピッケル団ボスについて
星獣ドロボウ集団、ピッケル団のボスです。
団員の後方で部隊指揮をとっており、団員は彼の指示で会場を攻め進んでいます。
ハコダテのスターフォール周りは星獣が多いため、そこに住む「恵まれた星獣使い」に対して怒りを燃やしているようです。
クマ型の星獣に、植物を操る技のほか、土を操る技を覚えさせており、それらをバランスよく使用してきます。
そのため、ただ火を使うだけでは勝つことは難しく、挑む場合の難易度は4になります

※このパートでは、光凛がピッケル団と戦っています。

【2】星獣まつりを盛り上げる:難易度2
イベントそのものは、子供たちが星獣に触る体験をしたり、星獣使いによるライブなど、とても和気あいあいとしたものです。
そしてこれを楽しみに、遠方から子供たちもやってきています。
ピッケル団などというあやしい集団のために、子供たちや星獣使いたちの楽しい時間を奪われてはなりません!

ピッケル団がいるエリア以外では、星獣まつりは引き続き行われています。
不安は広がっていますが、「帰りたくない! もっと星獣と遊びたい!」という子供たちの強い要望に応えた形です。
そのため、子供たちやその親御さんなど、来場客たちをさらに楽しませることが求められています。
子供達には、星獣をさわらせてあげたり、一緒にステージに立ったりなどの、体験型のライブが好まれるでしょう。

【3】星獣まつりを楽しむ:難易度1
一つの区画でトラブルは起こっていますが、ここでイベントを取りやめるわけにはいきません。
「ハコダテ星獣まつり」の各エリアにある施設に行き、他の来場客と一緒に楽しむことも、イベントの維持には必要不可欠なのです。

今回のイベントには、以下の施設があり、シナリオでは一か所まで行くことができます。
・フードコート
 トランペットイヌ型のホットドッグや、シュテルンヴォルフわたがし、サンダーパンダのスパーク杏仁豆腐ドリンクなど、
 星獣をモチーフにしたフードが取り揃えられたエリアです。
 手持ちの星獣をモチーフにしたオリジナルお菓子を作れるコーナーもあるようです。

・星獣プール
 パートナーの星獣と一緒に、自由に水遊びできるプールです。
 コントラバスフィッシュを模した噴水があります。

・星獣じまんクラブ
 一部のマニアックな星獣マニアたちが集まって、星獣について語り合っています。
 星獣は、ベースになる『星の結晶』に、小さな結晶を組み合わせて、姿が様々に変化する生き物です。
 ひょっとしたら、独特な姿の星獣の姿を見られるかもしれません。

それではみなさんのご参加とアクションをお待ちしております!

■2018年8月28日(火)追記
リアクションの公開予定日を『2018年9月14日(金)』へ変更いたしました。 ご参加いただいたお客様にはお待たせしてしまい大変申し訳ございませんが、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

アクションパート

・目的
ひとの星獣を盗ったらドロボウ、これ常識だろうが!
どんな奴が相手でも、友達を奪うなんて許されないぞ!

・手段
火の技で圧倒して団員を食い止めるぞ!
よろしくな、相棒っ!
3
・目的
子供達を楽しませたい!

・行動
まずは私の星獣のウタで小さい子の気を惹こう。
こっちに来て、一緒に歌おうよ!
それに私の星獣はもふもふで気持ちいいよ~!
2
・目的
星獣プールで星獣と一緒に泳ぐ!

・動機
あたしのトランペットイヌはイヌかきが得意なんだ!

・手段
オキナワで手に入れた水着アイテムを持ってきたよ、
トランペットイヌと一緒にイヌかきを練習するんだ!
1
ページの先頭に戻る