イラスト

シナリオは、複数のユーザーが参加した結果を描写される小説形式のコンテンツです。
「ヒロイックソングス!」の世界で起こった事件やイベントに関わることができます。

ゲームマスター

龍兎洞 楓花 (りゅうとどう ふうか)
作品数 1 最終更新日 2017年09月05日
  • プロフィールはこちら
  • イラストはこちら

プロフィール


皆様はじめまして! こんにちは!

龍兎洞 楓花と申します。
2017年 6月からゲームマスターとして参加しております。
今後ともどうかよろしくお願いいたします。

●作品傾向について

 ちょっと真面目なお話を書く事が多いと思います。
 その世界観に則って現実的に考えたらこういう話も有りうるよね、みたいな。

 基本的には何か事件が起こって皆で協力して解決! 頑張るぞ! おー! でしょうか。

 ちょっと真面目とか言っておきながら、
 次あたりのお話では逃げた猫を追いかけろといった感じの、人が争わないのほほんとしたものを書きたいものです。

 苦手なジャンルはギャグです。腹がよじれるほど笑い転げる、なんてものは逆立ちしても書けません。

●アクションについて

 最低限の守るべきことはもちろん前提にございますが、
 皆さんが一生懸命お考えになられたアクションは書いてある事をなるべく全部拾い上げます!
 ただし、あっちもこっちも、はどうしてもどちらか一方に絞って採用いたしますのでご了承ください。
 書かれている台詞はほぼシナリオで喋ると思って頂いていいです。こういう台詞を言いたい! というのがございましたらお書き下さい。(部分的に改変される箇所も出てきますがご了承ください)

 何を目的にして何を思いどう行動するかを書いて頂けると助かります。

 キャラクターの口調で書いて頂けると、こんな性格かな、とイメージが掴みやすいです。

 バトル中にキャラクターが台詞を言うのは頻度として少ないです。
 闘っている最中にべらべら会話が繰り広げられるのはおかしいと思っておりますので……すみません。
 キャラクター同士による多少の掛け合い、独り言、といった描写が多くなると思います。

 皆様の大事なキャラクターを崩壊させてしまわないか心配なのでアドリブが少ないです。
 
 他者と絡みたい、アドリブよろしく、など小さなお願いをこっそりしていただければ精一杯対応します!


 ひとまずこのあたりで失礼します。
 始めたばかりで右も左も分からず、自分のプロフィールに何を書いていいのかわかりません。(涙

 もう少しひよっこ楓花を温かく見守り下さい。

ページの先頭に戻る