マニュアル

マニュアル・ワールドガイド・プレイガイドでは、
「ヒロイックソングス!」をプレイする上で必要な情報がまとめられています。

ワールドガイド

ワールドガイド

ビーストラリア

概要

ビーストラリアは「びーすと」と総称される生物を擬人化したような種族の住む、オーストラリア位の大きさの大陸です。
豊かな自然にあふれたビーストラリア各地では、びーすとたちがのんびりと暮らしています。

びーすとの氏族

Illustrator : すねいる

ビーストラリアでは「ほにゅーるい」「はちゅーるい」「りょーせーるい」「ぎょかいるい」の4大びーすと氏族が中心に暮らしています。
古代には「ゆーたいるい」と呼ばれる氏族が存在し、他氏族を支配していましたが、絶滅しています。

彼らは高い身体能力と完全獣化する力を持ちますが、半面魔法には疎く、ライブの技術も未発達です。
しかし氏族ごとに「育む力」という特殊な能力を持ちます。

育む力

「育む力(はぐくむちから)」はびーすとが子孫を育てるために培った神聖な力です。

育む力は氏族ごとに違い、

ほにゅーるい:ミルク
はちゅーるい:たまご
りょーせーるい:あわ
ぎょかいるい:DHA


などが知られています。

ビーストラリアの地勢

手つかずの自然が殆どであり、ジャングル・サバンナ・砂漠などの地形があります。
氏族ごとに王がおり、街や集落もありますが、多くのびーすとたちは好きな所で住んでいます。

人気スポット
大陸中央部にある大小の「空気岩」は観光地として有名です。
見えない岩に座った写真をジャングルの掲示板に貼りつけることが「びーすと映えする」として大流行しています。

地球との交流

フェスタからビーストラリアへのゲートが開いたのは最近のことですが、昔から地球人が時折やってきていたようです。
特にグランスタの一期生である有名アイドル咲田茉莉花(さきたまりか)はたびたびビーストラリアに来ていたようで、ビーストラリアの有名人です。

またミルクが大好きな「ほにゅーるい」たちは、同じ哺乳類?である人間が支配し、乳製品がたくさんある地球に興味を示しており、友好的に接してきます。

ライブシーン

ビーストラリアの各地には遺跡として「どーぶつえん」が点在しています。びーすとたちはそこをライブハウスとして利用して芸能活動を行っています。
どーぶつえんで一番有名なのは「ウエノ」で、ユニット“パンダマスターズ”がその頂点に君臨し、挑戦者も多くいます。

活況を呈しているビーストラリアのライブシーンですが、以前はそのレベルは非常に低く「反省する」「立つ」のような簡単なしぐさだけが行われている状態でした。
そこに現れた咲田茉莉花がびーすとにライブを教えたのです。今ではどーぶつえん以外でも、皆が集まる水場前などではライブが行われるようになったのです。

食べ物

基本的にはびーすとではない動物を狩るなどして食事をしています。
一見、捕食関係に見えるびーすともいますが、びーすと同士の捕食行為は厳しく罰せられます。

しかし「ぎょかいるい」だけは皆美味しそうに見えるようです。

また「ほにゅーるい」はミルクが非常に好きなため各地に牧場を作っています。

迫りくる影

最近になってビーストラリアをかつて支配した「ゆーたいるい」の末裔を名乗る組織「ウォンバット」が暗躍しています。
目的は「ゆーたいるいが再びびーすとを支配する!」でイドラ教団とも業務提携をしています。
既に界の有名人が何人も行方不明になっております。

ウォンバットの正体は不明ですが、空に飛び去ったことから「はちゅーるい」内の鳥なのではないかとと思われています。

イラスト関連情報

ビーストラリアで想定される、以下の描写はシンプルレギュレーションで描写可能です。

びーすと
びーすとの耳や尻尾、角などの外見的特徴の描写、また完全獣化した姿は基本レギュレーションで描写が可能です。
ただし、オーラや炎などのエフェクトが含まれるものはエクステンドレギュレーションとなります。

完全獣化
注文キャラクターの通常時の姿と完全獣化の姿を一つのイラスト内に描写することは可能ですが、エクステンドレギュレーションのみの対応となります。
ただしご指定によっては、商品描写・画像サイズの都合上、画像内に収まらない場合があります。

ミルク
牛乳瓶の「MILK」等の文字描写については、エクステンドレギュレーションのみの対応となります。

ページの先頭に戻る